バストアップ

豊胸手術:バッグ挿入法

大胸筋下あるいは乳腺下にプロテーゼと呼ばれるシリコンバッグを入れ豊胸します。バッグは何種類もありますので、バッグの形や種類、1人1人の体型によってバッグを決めます。
プロテーゼは安全性も高く、アレルギーや副作用の心配がほとんどありません。 またバッグの挿入方法は脇から入れる場合、乳輪から、乳房下縁からと、いくつか選べます。 いずれも、目立たないところを切るので、傷跡は目立ちません。術後のアフターケアは2ヶ月間程度必要です。

しかし、いずれにせよ切開をするので、他の豊胸の方法に比べると傷が残る確立はあり、ダウンタイムも長めです。 さらに、老化に伴い肌の張りがなくなるなどで、美しいバストをキープできなくなることもあります。
シリコンバッグも、バッグが破れ食塩水が出てしまったなどの事故や、入れるタイプのシリコンの形状により、硬くなってしまう為、定期的なマッサージが必要になる場合があるなどの問題があることも事実です。

しかしながら、確実なサイズアップを望まれる方には最適の方法です。

豊胸手術:バッグ挿入法

ページのトップへ ▲

豊胸手術:脂肪注入法

「バッグを挿入する豊胸には抵抗がある」方にお勧めの豊胸手術が、脂肪注入法です。自分のふとももやお尻、おなか等から脂肪を取り、バストに注入してバストアップします。
定着するまでは、術後の腫れなどもあり、希望より多少大きい場合があります。注入された脂肪は手術後1ヶ月ほどで約半分くらいが定着し、残りは身体に吸収され、美しい理想のバストが出来上がります。

自分の脂肪なのでアレルギー反応や副作用もなく、3カップ程度のバストアップが可能です。また、バックに比べ、手触りも見た目もより自然です。
バストアップだけでなく身体の脂肪を取るので、スタイルもよくなりますし、脂肪の採取、注入共に傷口は数ミリの切開や、小さな注射痕程度で済み、ダウンタイムが短いことも特徴です。

ページのトップへ ▲

ヒアルロン酸注射(SUB-Q)

ヒアルロン酸注射により、手軽に1〜2カップ程度のバストアップを行うプチ豊胸です。施術は麻酔をするので痛みもなく、20分ほどで終わり、通院の必要もありません。極手軽に、自然にバストアップが出来ます。

豊胸に使われるSUB-Qというヒアルロン酸は、従来のものより一つ一つの分子が大きく、持続効果が長く、3年持つこともあります。しかし、ヒアルロン酸は身体に吸収されるため、大抵は1年半〜2年間で元のバストに戻ります。

ページのトップへ ▲

下垂乳房形成

下垂乳房形成 老化で垂れ下がってしまったバスト、授乳やダイエットなど、バストが垂れ下がってしまう原因は多々あります。

下垂乳房形成は、垂れた乳房から乳首の周囲の余分な皮膚を取り除き、上向きのバストラインを形成します。 バストのたるみを取り除いてリフトアップし、若々しい上向きのバストにすることが可能です。 通常入院が必要で、抜糸のための通院も必要になります。

また、張りを失ったバスとは、豊胸に使うバッグを入れることで、張りを取り戻すこともあります。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 美容整形手術ガイド All Rights Reserved.
[閉じる]
【ニキビに悩める貴女に贈る、1分で読める!ニキビ対策100問100答配信中!】
メッセージを閉じる