女性器の手術

クリトリス包茎術

クリトリスに余分な包皮がかぶっている場合、クリトリスと皮の間に分泌物の腐敗した恥垢というアカがたまり、悪臭の原因になったりします。また、セックスの際に痛みを感じたり、快感を得ずらいため不感症に悩むこともあります。

クリトリス包茎は過剰な包皮部分を切除後、縫合し自然な形に整えます。 手術は30分程度で済みますが、術後約1ヶ月程は性交を控える必要があります。 衛生上の問題や、不感症の悩みも改善されます。

ページのトップへ ▲

膣縮小術

2〜3回分娩をすると、誰しも少しずつ膣が弛んでくることがあります。 分娩により膣が弛んでしまう場合の原因は、肛門拳筋という筋肉が弛むために起こります。

手術により膣粘膜と肛門拳筋を縫い合わせ、圧力や弾力を回復させたり、膣の入り口から3〜4センチ入った所を縫い縮めて狭くしするなどしてより良い状態を作ります。術後約1〜2ヶ月程は性交を控える必要があります。傷跡も残らないので安心して受けられます。

ページのトップへ ▲

小陰唇縮小術

一番多い悩みが小陰唇ともいえます。 大きすぎたり、左右の大きさの違いや、色素沈着などです。 小陰唇は平均して1〜1.5センチくらいといわれています。気になるほど大きかったり、左右不ぞろいの場合は、余分な皮膚を、黒ずみがひどい場合は、その部分を切除し縫合します。

手術は30分程度で済みますが、術後約1ヶ月程は性交を控える必要があります。
シャワーは翌日から可能で、2〜3ヶ月経過すれば、手術痕も分からない程、綺麗に仕上がります。

ページのトップへ ▲

処女膜再生

処女膜とは膣口のまわりの伸縮性を持つ粘膜のひだのことを言い、 初めての性交や、スポーツなどで破壊され、出産などを繰り返すうちになくなっていくといわれています。 この処女膜は美容整形で再生することが出来ます。

施術方法は膣の粘膜を少しつまんで軽く縫い合わせ、処女膜を再生させます。 手術後最初の性行為では初めての時と同じく、性交時に出血や痛みを伴います。
手術は30分もかからないくらいで、術後約1週間程で性交が可能になります。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 美容整形手術ガイド All Rights Reserved.
[閉じる]
【ニキビに悩める貴女に贈る、1分で読める!ニキビ対策100問100答配信中!】
メッセージを閉じる