シミ・ニキビ・ほくろ・いぼ



シミ・ニキビ・ほくろ・いぼ

ケミカルピーリング

ピーリングとは古くなった角質を取り除くこと。 ケミカルピーリングとは、グリコール酸などの科学物質を塗り、古くなった角質を化学的に融解して剥離させ除去し、肌を再生・生まれ変わらせる治療法です。
にきびはもちろんのこと、薄いシワや、しみの原因となる肌の古くなった角質を剥離したり、新陳代謝を高めきめを整え、くすみを取るなど、肌本来の再生力を高める効果があります。
施術は1時間程度で、10日間に一度くらいのペースで2〜3ヶ月間ほど通うといいでしょう。

ページのトップへ ▲

レーザー治療

シミの改善にはレーザー治療でのシミの除去がお勧めです。気になるシミをレーザーで照射します。レーザーは、シミの黒い部分だけを焼き、数回行うと、かさぶたのようになり、自然にポロッろ剥がれ落ちます。

また、にきびや、シワなどの治療にもレーザー治療は有効です。レーザーにより細胞を刺激し、繊維芽細胞を直接活性化させ、新しいコラーゲンを再生させます。 コラーゲンの効果でふっくらした肌になり、肌の凹凸や肌質の改善にも役立ちます。
特に、にきび跡には抗炎症、殺菌作用のあるクリアタッチや、クールタッチレーザーが効果的です。 他の機械と併用することで、より効果を発揮します。

このようにレーザー治療は色々な種類がありますが、自分の体質や目的にあったものを選ぶといいでしょう。 たいていの場合、肌のターンオーバー周期にあわせ1〜2週間に一度、3ヶ月程度続けます。

ページのトップへ ▲

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは、IPLという光を照射してメラニンを抑制させ、細胞を活性化させ、コラーゲン生成を活発にする方法です。

にきびの跡はもちろんのこと、しみ、毛穴、小じわ、たるみなど、 顔全体の肌のトラブルに効果的です。 顔全体に光を浴びさせることにより若々しく美しい肌へと変えていきます。 レーザー治療よりマイルドで、薄い産毛や、薄いシミにも効果があります。
治療する場所にもよりますが、約20〜30分程度で終了し、肌へのダメージもほとんどありません。

ページのトップへ ▲

イオン導入

日ごろ使う化粧品やスキンケア用品では届かない、肌の奥深くまで、お肌に良い成分を浸透させる方法です。
肌に浸透させる成分は施術を受ける病院や、サロンで変わってきますが、ニキビや、シミ、シワなどを改善させる成分で、例えば抗酸化作用、美白効果のあるビタミンCなどです。
それをイオン導入機によって、微弱な電流を使用し、皮膚の真皮深くに浸透させ、気になる症状の改善や、美肌をつくる治療です。
治療時間も 20〜30分と短く、施術後よりお化粧、入浴、洗顔もできます。 ケミカルピーリングと組み合わせることにより、一層高い効果が得られます。

ページのトップへ ▲

ほくろ・いぼの除去

切縫法
切開してほくろを取り出してから縫合する方法です。色素の周囲を円状に囲むように切開し、根元より取り除きます。大きかったり深い部分にある場合や、悪性の疑いのある場合に行います。
くりぬき法
専用の器具を使用し、ほくろの周囲に沿うように根元の部分まで取り除き縫合する施術法。
電気分解法
気になるいぼやほくろを電気の熱で分解。大きないぼやほくろは根が深く、皮膚の奥まである事があります。1週間ほど患部をテープで保護しますが、その上からであればお化粧も可能です。
レーザー治療法
炭酸ガスレーザーを使用し一瞬に蒸散させる方法です。レーザー治療の場合、多少なりの刺激はありますが、麻酔が必要なほどの痛みではありません。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 美容整形手術ガイド All Rights Reserved.
[閉じる]
【ニキビに悩める貴女に贈る、1分で読める!ニキビ対策100問100答配信中!】
メッセージを閉じる