シワ・タルミを治す

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入法目尻の深いしわ、ひたいのしわ、鼻の横の年齢じわなど、気になるシワやくぼみにはヒアルロン酸注射がお勧めです。

ヒアルロン酸とは身体の中にもともと存在する自然物質です。 しわに沿って1箇所もしくは数箇所ヒアルロン酸を注入します。 安全性も高く副作用の心配もありません。 場所によって異なりますが、施術も10分程度で終わります。注射器で行うので、注入の際の痛みや腫れなどはほとんどありません。

ただし、ヒアルロン酸半年から一年もすると体内に吸収され、元に戻ってしまいますので、継続的に行う必要があります。

ページのトップへ ▲

ボトックス注入法

ボトックス注入法ボトックスとは、ボツリヌス菌が出す筋肉の機能を麻痺させる毒素です。タンパク質の一種ですので、副作用はありません。

美容整形で使う場合、表情ジワなど、筋肉の動きによって出来るしわなどに効果があります。必要な箇所に最小限のボトックスを注入し、筋肉の動きを麻痺させることで、しわや凹凸を出来にくくしたり、発汗抑制の働きがあります。

半年ほどで効果がなくなってくるので、後遺症の心配もなく腫れや痛みもほとんどありません。 3〜6ヶ月の間隔で、約2年、ボトックス注入を続けることにより、継続的な効果も期待できます。

ページのトップへ ▲

アクアミド注射

アクアミドは、非吸収性注入剤で、約97%が水で約3%は有機高分子物質のポリアクリルアマイドと呼ばれる硬質ゲルです。

ヨーロッパでは10年来の実績を持ち、安全性や形成力も大変優れ、半永久的な持続性を持っています。 皮内テストの必要もないほど、アレルギーや副作用性が極めて低く安全性の高い注入財です。

ヒアルロン酸のように、注射器で気になるシワなどに注入し、シワの凸凹を消します。 アクアミドを注入すると美しい状態を半永久的に保つことが可能です。

ページのトップへ ▲

フェイスリフト

フェイスリフト美容外科手術の代名詞で、最も古くからしわとり施術として行われている技法です。 髪の毛の生え際から耳の後ろ辺りまで切開し、皮膚を引上げ、しわやたるみを引っ張りあげます。

個人差はありますが、 2時間程度の施術で10歳も若返る事ができます。
切開する為、多少傷痕が気になるといった場合もありますが、現在ではミニリフトと言い、部分的に切開し、気になる部分だけをリフトすることも可能です。

また、リフト方法にも色々あり、純金を真皮内に埋め込み細胞を活性化させる方法や、切開しないで、糸でリフトアップすることも出来ます。ダウンタイムも短く、傷跡もまったく気にしないで済みます。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 美容整形手術ガイド All Rights Reserved.
[閉じる]
【ニキビに悩める貴女に贈る、1分で読める!ニキビ対策100問100答配信中!】
メッセージを閉じる