ワキガ・多汗症

切除法

最も古いわきが・多汗症治療方法が、切除法です。 気になるワキガの臭いを発しているわきの下の一帯の皮膚を皮膚ごと汗腺類と脇毛をすべて排除し、縫い縮める方法です。

わきがの原因を全て除去することができますが、完治するまでに数週間はかかると言われており、傷跡がかなり大きく残る上、ひきつれや運動障害などの後遺症がリスクとして伴うため、ほとんど行われていない方法です。

ページのトップへ ▲

剪除法

ワキの皮膚を切開し、裏返しにして、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を一つ一つ取り除いていく方法です。 アポクリン汗腺を丁寧に除去していくので、わきがには非常に効果的ですが、脇下を大きく切開する必要があります。

さらに、多汗症抑制する為にはエクリン汗腺も取り除かなくてはならないのですが、エクリン汗腺は小さく、皮膚表面近くに位置するため、取り除くことは出来ません。

ページのトップへ ▲

皮膚組織削除法

わきの下の皮膚の一部を1センチほど切開して、わきの下から特殊な器具を挿入後、汗腺類を含む皮下組織をそぎ取る方法です。施術に当たる医師の腕次第で、取り除きにくい皮脂腺やエクリン腺までもそぎ取れます。
しかし、色素沈着を起こす可能性が高く、数箇所の傷も残ります。

ページのトップへ ▲

皮下組織掻爬法

ワキを小さく切開し、そこからスプーン形をしたキューレットと呼ばれる器具を挿入して、汗腺類を掻きだす方法です。 切開が小さいため傷跡は目立ちません。

しかし、皮下組織を無差別に引っ掻き出すためまで血管や神経など他の組織まで傷つけてしまううえ、 完全に汗腺類を取り除くことは難しく、あまり良い方法とはいえないようです。

ページのトップへ ▲

皮下組織吸引法

わきの下の皮膚を小さく2ミリ程切開し、極細のカニューレを挿入し、汗腺を吸引する方法です。
皮下組織吸引法は術後傷跡がほとんど残らず回復も早いのですが、 血管や神経など他の組織まで傷つけてしまううえ、完全に汗腺類を吸い取ることは難しく、あまり良い方法とはいえないようです。

ページのトップへ ▲

超音波吸引法

わきの下の皮膚を小さく2ミリ程切開し、超音波を発生させる極細のカニューレを挿入し、 神経・血管を避けて、汗腺を吸引する方法です。

血管や神経など他の組織を傷つけることなく、超音波の振動で汗腺だけを取り除くことが可能です。 従来に比べ、痛みや傷跡の心配がないうえ効果の高く、手術は30分ほどでわきが・多汗症の再発がありません。

ページのトップへ ▲

マイクロリムーブ法

マイクロリムーブ法は、ワキを数ミリ切開し、マイクロシェービングコンソーラーと呼ばれるごく細いハンドピースを挿入し、先端についたマイクロチップの回転エネルギーにより、エクリン汗腺と一緒にアポクリン汗腺も破壊します。

多汗症に悩んでいる方には有効的な方法です。傷跡もほとんど残らず、回復も早いといったメリットを持っています。

ページのトップへ ▲

マイクロレーザー法

直径1mmのレーザーファイバー先端を毛根部に挿入・照射し、 多汗症やワキガの原因となるエクリン汗腺・アポクリン汗腺を燃焼させ破壊する方法。 メスを使用しないので、傷跡が残るといった心配もありません。
治療時間も短く、治療後すぐ帰宅できるといったメリットもあります。

ページのトップへ ▲

多汗症:ボトックス注入法

ボトックスをわきの下に注入することで、アポクリン汗腺を抑制し、汗の分泌を抑えられます。汗の分泌が減る事により、雑菌の繁殖も抑制でき、気になる体臭も比較的軽くなります。

汗腺自体を取り除くものではない為、効果はあまり得られませんが、半年〜1年間は汗の量を抑えることができます。 ワキに注射を打つだけなので施術時間は3〜5分程度と短く非常に簡単です。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 美容整形手術ガイド All Rights Reserved.
[閉じる]
【ニキビに悩める貴女に贈る、1分で読める!ニキビ対策100問100答配信中!】
メッセージを閉じる