メソセラピーで脂肪分解!

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは?

メソセラピーとは、脂肪溶解剤を脂肪を減らしたい部位の皮膚内に注射することで皮下脂肪を減少させる、脂肪溶解注射です。

メソセラピーで使用する脂肪溶解剤は大豆レシチンというアミノ酸の一種「フォスファチジルコリン」で、大豆から抽出されます。もともと、高脂血症や脂肪肝の治療に使われ、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げ、血液循環の改善、そしてエネルギーの燃焼を促します。

メソセラピー注射を打つと、大豆レシチンが脂肪細胞にはたらきかけ、時間とともにその膜から、細胞核まで分解してゆきます。分解された脂肪は老廃物としてリンパや血液中に吸収され、腎臓や腸の働きにより、汗や尿などとして体外に排出されます。

ページのトップへ ▲

メソセラピーのメリット

メソセラピーは狭い範囲での治療が可能で、気になる「腹部、ウエスト、二の腕、背中、太もも、ふくらはぎ、あご、おしり」など、全身どこでも「部分やせ」が出来ます。
脂肪吸引と比べると、施術方法、時間など、カラダへの負担が少ないことも一つです。 メソセラピーの施術は注射するだけなので、箇所によって異なりますが10分程度で終わます。さらに、脂肪吸引では、どうしてもムラになってしまい、皮膚の表面の凸凹が気になりましたが、メソセラピーは溶解していくので凸凹ができる心配がありません。

メソセラピーは脂肪を分解することが出来るので、セルライトの除去にも効果を発揮します。セルライトは血行不良や代謝不良が原因で体に溜まった老廃物が脂肪細胞に付着してできた塊です。メソセラピーによって脂肪と共にその塊自体を溶解できるのです。脂肪細胞を分解して消滅させる為、リバウンドの心配はありません。

美容整形で痩せる!

ページのトップへ ▲

メソセラピーのデメリット

狭い範囲での治療が可能というのは利点なのですが、デメリットとして、一度の治療可能範囲が狭いということがあります。 メソセラピーで一度に身体にとって問題のない、治療できる範囲は、両手のひらサイズ程度が限界です。

そして、脂肪を溶かすのです。無痛なわけはありません。それなりの痛みが伴います。ただ、脂肪吸引のように、管でゴリゴリ細胞を切除するわけではないので、治療自体も、ダウンタイムも軽く、短く済むので「従来の脂肪吸引に比べれば、痛くなく、手軽な治療」と言っても間違いは無いでしょう。

さらに、メソセラピーも薬品であるため、アレルギーの心配があります。施術後の痒みや赤みとなって現れることがあります。
妊娠中・授乳中の方、高脂血症、高血圧の方、貧血、大豆アレルギーのある方、糖尿病、心臓・肝臓・腎臓に疾患を持っている方などは安全の為、メソセラピーを受けることはできません。

ページのトップへ ▲

メソセラピー治療後の症状

メソセラピーの施術後は、脂肪が溶解していくため、腫れと発赤、痛み、などが生じる場合があります。また、アレルギーが出てしまった場合は、強く発赤したり、強いかゆみがでます。 ほとんどの場合、多少の腫れと痛み程度で、日常生活への支障はほとんどありません。

施術跡ですが、メソセラピーは注射治療で、切開などはしませんので傷跡は残りません。 しかし、患部に数箇所、1cm程度の間隔で注射していきますので、注射のあと残る場合もあります。
内出血などになり、数日残ることもありますが、1週間ほどで完全に消えます。

またメソセラピーとは、一回で効果が現れるわけではありません。
メソセラピーの治療回数は脂肪量、範囲、体質等によって変わってきますが、2週間に一度、2〜3ヶ月通います。 2回目辺りから効果が見えるようになり、3〜5回で終わります。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 美容整形手術ガイド All Rights Reserved.
[閉じる]
【ニキビに悩める貴女に贈る、1分で読める!ニキビ対策100問100答配信中!】
メッセージを閉じる